メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
国立高度専門医療研究センター 医療研究連携推進本部

トップ組織について> 活動方針・組織

活動方針・組織

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部の活動方針

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部のミッション

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部(Japan Health Research Promotion Bureau:JH)は、国立研究開発法人国立がん研究センター、 同国立循環器病研究センター、同国立精神・神経医療研究センター、同国立国際医療研究センター、同国立成育医療研究センター、同国立長寿医療研究センターの 6つの国立高度専門医療研究センター(NC)が世界最高水準の研究開発・医療を目指して新たなイノベーションを創出するために、6NCの資源・情報を集約し、 それぞれの専門性を生かしつつ有機的・機能的連携を行うこと。またそれにより、わが国全体の臨床研究力の向上に資することを目的として2020年4月に発足されました。

全体的方針

上記ミッションを達成するため、以下のことを実現します。

  1. 新たなニーズに対応した研究開発機能を支援・強化
  2. 6NC連携で効果的な研究開発が期待される領域の取組を支援・強化
  3. 6NC全体として研究成果の実臨床への展開を支援・強化

運営体制

運営体制の図

所掌事務

データ基盤課6NCの疾患横断的データ連携に関すること

共同研究課6NCの疾患横断的研究に関すること

知財・法務課
1. 6NCの疾患横断的研究に付帯する知的財産(特許権、実用新案権、意匠権及び商標権等に係わる権利の対象となるもの、その他6NCにおいて職務発明等により創出された成果)の活用等に係る計画の策定並びにその推進に関すること
2. 6NCの疾患横断的研究に付帯する法令関係文書(諸契約等)の審査に関すること
3. JHの所掌事務で他課の所掌に属しないものに関すること

広報課6NCの疾患横断的研究に付帯する広報に関すること

人材育成課6NCの疾患横断的研究に付帯する人材育成に関すること

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部 スタッフ一覧

具体的な取り組み(令和3年度)

データ集積のための基盤強化・拠点化

  • 令和2年度から開始したJH Super Highwayをはじめとしたデジタル共通インフラの整備を進める。またOffice365などの研究利用可能な環境の活用支援を行う。
  • 6NCの電子カルテからの疾患情報を統合的に取得できる共通医療データベースの拡充を図る。
  • NC内の患者レジストリにおけるNC間の研究連携を支援・強化する。
  • データ基盤課カウンターパートとの意見交換会を開催し、6NC間での情報共有及び連携を図る。

共同研究の推進

  • 実験・解析基盤のための、あるいはNC連携が効果的な新規横断的研究推進事業の立ち上げを図る。
  • 令和元年度及び令和2年度から実施している横断的研究推進事業について、各課題の進捗管理や課題評価を実施し、効果的な研究開発の推進等に取り組む。また、関連する大型研究費の獲得を目指した支援を行う。
  • 課題実施に伴う、企業・アカデミア等との交渉支援を実施する。

知財・法務

  • 6NC共通するものとして構築した知財・法務に関する相談スキームの適切な運用を図り、JHによりNC間における知財・法務に関わる知見の共有を推進する。
  • 法務専門家の協力も得つつJHによる各NCへの知財・法務に関する支援を推進する。

広報

  • 令和2年度に開設したJHウェブサイトの充実を図るとともに、NC間の連携による取組等について、国民を始め企業やアカデミアに幅広く情報提供を行う。
  • 広報課カンターパートとの意見交換会を開催し、6NC広報における情報共有及び連携を図り、情報発信の精度を高める。
  • JHウェブサイトアクセス数について、研究課題やJHの活動成果の情報発信を推進することにより増加を目指す。

人材育成

  • NCの人材育成に関わる部署との連携を図り、各NCの連携大学院等の実態調査や研究支援人材の育成支援体制の構築に取り組む。特に生物統計分野においては、6NCが連携し実務を通して若手人材の育成支援を行う。
  • 6NC共通教育用プラットフォームを構築し、疾患領域横断的な人材育成のために、NC横断的な教育コンテンツのWeb配信による教育機会の提供を開始する。

過去の取り組み