メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
医療研究連携推進本部

トップ > 組織について > 活動方針・組織

活動方針・組織

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部の活動方針

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部のミッション

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部(Japan Health Research Promotion Bureau:JH)は、国立研究開発法人国立がん研究センター、 同国立循環器病研究センター、同国立精神・神経医療研究センター、同国立国際医療研究センター、同国立成育医療研究センター、同国立長寿医療研究センターの 6つの国立高度専門医療研究センター(NC)が世界最高水準の研究開発・医療を目指して新たなイノベーションを創出するために、6NCの資源・情報を集約し、 それぞれの専門性を生かしつつ有機的・機能的連携を行うこと。またそれにより、わが国全体の臨床研究力の向上に資することを目的として2020年4月に発足されました。

全体的方針

上記ミッションを達成するため、以下のことを実現します。

  1. 新たなニーズに対応した研究開発機能を支援・強化
  2. 6NC連携で効果的な研究開発が期待される領域の取組を支援・強化
  3. 6NC全体として研究成果の実臨床への展開を支援・強化

運営体制

運営体制の図

今後具体的に取り組むべき事業

データ集積のための基盤強化・拠点化

  • 電子カルテから疾患情報の取得によるレジストリ構築をサポートする情報基盤の構築
  • 上記レジス卜リの利活用のル一ル作り
  • 他研究機関の疾患レジストリとの連携

共同研究の推進

  • 社会医学の推進
  • 臨床研究の疾患横断的な推進(生物統計部門の共有化)
  • バイオバンク・疾患レジス卜リを活用した研究
  • 高額機器を備えた共同研究施設(NGS、オミクス解析、イメ一ジング、PK・PD)の整備(バイオインフォマテイシャンの共同雇用も含めて)
  • AMED等の研究への共同提案
  • 企業との共同研究の推進、参画
  • 研究の効率化(試薬・機器の共同購入、感染防御対策についての共通マニュアル策定、オンラインジャ一ナル購読の共同化)

広報

  • ウェブぺ一ジの作成
  • 研究成果の発信、SNSの活用
  • メデイアセミナ一、市民公開講座
  • 政策提言機能の強化

知財・法務

  • 知財取得・管理の強化
  • 共同研究契約締結支援などの強化
  • 臨床研究の法的側面からの支援・アドバイス
  • 企業との連携ラボの促進

人材育成

  • 疾患横断的な共同研究等の推進を担う人材育成支援
  • データサイエンティスト(バイオインフォマティシャン・生物統計家等)の育成支援
  • 公衆衛生・疫学・政策提言などの社会医学系人材育成支援
  • 若手医師の学位・専門資格取得支援(連携大学院等)、研究継続支援