メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
医療研究連携推進本部

トップ > 組織について > 本部長挨拶

本部長挨拶

本部長からのご挨拶

本部長写真

国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部 (Japan Health Research Promotion Bureau:JH)は、我が国の6つの国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター: NC)の資源・情報を集約し、それぞれの専門性を生かしつつ有機的・機能的連携を行うことによって、NCが世界最高水準の研究開発・医療を目指した新たなイノベーションを創出することを目的とし、2020年4月に発足した6NC横断的組織です。

この目的達成に向けたJHのミッションは、

  1. 新たなニーズに対応した研究開発機能の支援・強化
  2. 6NC連携で効果的な研究開発が期待される領域の取組の支援・強化
  3. 6NC全体として研究成果の実臨床への展開の支援・強化

です。

JHには、データ基盤課、共同研究課、知財・法務課、広報課、人材育成課の5部門があり、各NCから課員が配属されて、これらのミッション達成のために活動しています。

現在6NCはそれぞれ研究所を併設しており、担当する疾患分野において世界をリードする基礎研究・橋渡し研究の成果を上げています。一方、各NCの病院においても、世界最先端の診療や臨床研究を行って、我が国の医療界を牽引しています。そこで、各ライフステージにおける疾患・健康上の問題に取り組んでいる現在の6NC個別の優れた研究を有機的に連携できれば、人が一生を通じてより健康で豊かな生活を営むことができる疾病予防法や、もし病気になったとしても個々人に合わせた最も適切な治療法(precision medicine)を開発し、提供できるようになると考えられます。また、開発された新しい治療法について、6NC病院の強固な連携をもとに我が国のみならずアジアを含めた国際治験・臨床試験を実施することによって、我が国に画期的な治療法を迅速に導入する体制を確立し、世界の医療向上にも多大な貢献できるようになると考えられます。このために、6NCでは既に診療データをはじめとするデータ基盤の共有化、バイオバンク、ゲノム診療などについての共同研究を進めていますが、JHはこれらの研究の推進をサポートするとともに、新たな共同研究をその立ち上げから支援し、またこれらの成果の迅速な社会への還元のためのシステム作りや、さらに将来これらの基礎的・臨床的研究を担う人材の育成にも貢献していく所存です。皆様の暖かいご支援をどうぞお願い申し上げます。

国立高度専門医療研究センター 医療研究連携推進本部
本部長 植木 浩二郎