メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
国立高度専門医療研究センター 医療研究連携推進本部

トップ事業の概要COVID-19関連> ナショナルセンター職員における新型コロナウイルス感染症の実態と要因に関する多施設共同観察研究

ナショナルセンター職員における新型コロナウイルス感染症の実態と要因に関する多施設共同観察研究

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行する中、通勤形態やその他の生活様式、習慣が感染率にどの程度影響するのか、感染が長期化し大きな生活様式の変化を強いられることがどのように心身の健康に影響するのか。また、感染が潜在的に広がる中、患者と接触する機会が多い医療従事者では新型コロナウイルスへの感染がどの程度広がっているのか、早急に明らかにしなくてはならない課題が浮かび上がってきています。

本研究は、6つの国立高度専門医療研究センター(以下、6NC)の職員約1万名を対象に、COVID-19の血清抗体検査および質問調査を繰り返し実施することで、これらの課題の答えを導き出すことを目的としています。職員を対象にすることで正確な追跡調査が可能になり、いわゆる第二波・第三波などで、どの程度潜在的な感染者が増加したかが明らかになります。また、医療施設の職員は心身の健康状態も正確に回答してくれますので、どの程度影響がでているかを明らかにできます。明らかになった潜在的な感染率の変化や心身への影響が、勤務地・職種・通勤形態・生活様式・生活習慣などとどのように関連するのか、疫学の専門家が分析することで、感染および健康障害の予防に重要なデータが得られる予定です。ワクチン接種が開始された後には、接種後の血清抗体の量の変化やCOVID-19発症の予防効果や、長期の追跡調査によって予期せぬ有害事象の発生の可能性についても把握できると期待しています。

ナショナルセンター職員における新型コロナウイルス感染症の実態と要因に関する多施設共同観察研究

主任研究者


国立国際医療研究センター
疫学予防研究部長
溝上哲也